ラジエルの詩-ONE-

この世界には イーサという力がある
人によっては エーテルと呼ばれる
その力を 使いこなすことが出来れば
人と意識は 幸せになると 信じられている

しかし それは本当は見えるのに
自らを盲目だと信じ
目を閉じているようなものなのだ
この場所で 私トートが
神官として目にした数多くの出来事は
そのほとんどが その意識の開眼
ただ目を開ければいいという
事実であった

私に 知恵を授けてくれた
イーサ意識は

******
言葉を発するとき、
その言葉に
根源を宿らせるのか
宿らせないのかを
正確に見極めなさい
******

意識体であるラジエルを通じ
常に言っていた

私が 言葉を作るきっかけになったのは
この教えが 元々の原因となった

意識だけでは
世界を変えることは
できない

あと二つ
必要なものがある
言葉と空間である
時は 形がなく
しかし時が 空間を生み出す
この法則を使い
私は エジプトにおいて
言葉を司る神として
存在することになった

真実は いつの時代も
時代が 巡っても
同じことを 教えてくれる
私たちは 何も持っていない
と 同時に 全てを持っている
という 真実

大きな流れの中で
そこに起こる微細な出来事に 注意を払い
そこになぜ その文字が存在するのか
なぜそこに この出来事が存在するのか
これらは 一切考えてはならない
目の前のことに ただ導かれ
観察しながら 導きに乗ること
そこに 自らの意識を入れずに
自らの感覚で 判断しない
そのことに 注意を払えば
いずれ 分かるようになる

この星で 人は
人として 認識できる存在として
【人のような形】
である外面と
内面として定義されている【意識】が
明確に 分けられている
そして 意識と肉体を包むように
魂が 円で覆っている
三者のことを 理解するようにと
神官学校ではまず教えられる

霊妙な意識は
学びはじめの存在にとっては
未知なるものである
しかし そこに憧れもある
私が最高神官となる過程も
全ての従者にとっての それと同じだった

私がラジエルを師として仰いだ時
私の今回の肉体周期においては
360年が経過していた
精神は25000年
魂は 始まりがわからない
私の意識が追える時を
はるかに凌ぐ時の経過だった

あらゆる場所に存在する魂は
私と 私以外を 分けるものではなく
全てが 統一されているものである
魂から分離した精神は
幾度となく 肉体を移り変わりながら
新しい肉体に宿ることを目的に
あらゆる時に充満することを
覚えるようになった

ラジエルはいつも
クリスタル・サークルと呼ばれる
円柱の塔 その最上階にいた

私を含め 神官となることを願う
意識体はその場所に行き
ラジエルに会えるかどうかの
二極を試されていた

ある時 ラジエルに会いに
塔を登った私の友人は
ラジエルの存在のみ感じ
その肉体を 見いだすことができずに
戻ってきた

そこで私も
今この瞬間
ラジエルに会うことを
目的として
塔を登り始めた

塔は七階層に分かれており
その最上階に行くまで
通常の肉体時間で換算すると
太陽暦で三日ほどかかる
途中 日の出と 日の入りを
全て観ることのできた私は
運がいいのだと感じた

塔は 常に風が吹いていた
上の階層に行けば行くほど
その風は強くなり
私が飛ばされて
下界に落ちてしまうのではないか
との恐怖を覚えた

三日目 私が最上階に着いた時
そこにラジエルは存在せず
ただ イーサ意識を感じたが

ラジエルの肉体を
認識する事はできなかった
そこで私は イーサ意識に
そのまま語りかけることに挑戦した
そこに 私が知っている
言葉を使う必要はなかった

イーサ意識は 即座に
私の意識に入ってきた

意識を意識だと定義する際
そこには第三者意識が不可欠となる
意識は単体で現れる事はない
意識が単体で現れる時
それは【在る】状態として存在する
その在る状態を人は、神で在るとか
愛で在ると言葉を当てはめるのだ
まだ言葉が存在しないとき
人の意識は神や愛を
分けることができなかった
分ける言葉が存在しないので
分けることができなかった

私は 念じた

私が 次の周期に行けるように

私は未熟であったため
私の念が即座にイーサ意識に
通じるのだと錯覚していた
意識が入ってくるのと
意識を送るのには
意識とは別の

【心】という名の

肉体に依存する存在を
受け入れる必要がある
私にはまだそのことを知る
タイミングではなかった

私の意識を
あなたの言葉で
書き留めるように

イーサ意識が再び
私の中に入ってきたので
私は その場に平伏しながら
エメラルドの鉱石を 薄く伸ばし
板状にし その上に手を当てた

**

全てが繋がっている

この言葉の側面は

あらゆるこれまでのことが

今に繋がっており

これからのことにも

繋がっていることの証である

それをつなぎとめるイーサを

兆しと呼ぶ

私の意識はイーサであり

全てをつなぎとめる兆しである

前兆とは

全ての事象

全ての未来における

兆しの

連続性である

意識体が望んだ事は

その電磁的性質の通りに

伝搬していき

物事の根源を貫く

繋がれた根源から

派生した一つの現象を

目で確認できる現実

と呼んでいる

神官の道は

この目に見えるものと

目に見えないものを

つなぐものである

**

イーサ意識から
流れ込んでくるものを
言葉に変換して
私はエメラルドタブレットに
刻み込んだ

無用の価値判断についての省察

自然の理から学ぶ事は多い

意味のない事 と人は時に口走るが

その価値判断はどこからくるものか

心が生み出した 価値判断は

自然の理に 沿っているものだろうか

私に自信がないと 云う人が居る

その価値判断は

自然の理に 沿っているものだろうか

無用かどうかを なぜ私たちが

判断しているのだろうか

あなたの価値を なぜ

わたしやあなたがしなければならないのか

人の価値は

全て「天」「地」「血」が

知っている

それ以外のこと 意味 価値について

人の意識で あまり考えなくて良い

操られている

私が毎月行っています、シークレットティーパーティ。

通称「秘密のお茶会」は、私が創作する物語のシェアとなっています。

物語といっても、限りなく現実世界に沿った物語となっています。

ですから、それが本当のことなのか、真実なのかを思索することは大変に意味のないことであることをお伝えしなければなりません。

そうか、それが真実だったのか。この体感は、往往にして人の思考を狂わせる部分を含んでいるものであり、逆に、人を新しいステージに連れていくための試金石となる場合もあります。

私たちはほぼ全ての事象において、自らが信じる物語の設定にしたがって、現実世界に顕現させます。

私たちが本当の意味で自分の姿を見ていないという考察や、この世の真実を私に教えてくださいと聞いた場合の、人々の顔を見ていると、真実と物語の境界はほとんどないということの気づきがあります。

さて、上記をふまえた上で、6月と7月のテーマを決定しました。

それは「操られている」ということです。

この投稿は、6月3日の21時9分に公開されるように、設定されています。

ここまで書くと、やっぱり世界は一握りの人々によって操られているという物語が登場するのですが、その人々さえも操られているのです。

では、宇宙か、神か、前世か。

そのどれでもありません。

6月は、満席ですので、ご希望の方は、7月26日参加表明をコンタクトもしくは、thothのライン@にてご連絡ください。

場所は群馬県に近い埼玉県のとある場所です。

詳細は、イベントページからご確認ください。

染井碧