ⅵ.1-3

1

善は、ただ一つの内でなければ、何ものの内にもない、
いやむしろ、善は常に全てそのものである。
善はあらゆる運動と生成の基でなければならない、
善はみずからのまわりに静止せる作用力を有し、
不足も過剰もなく、満ち満ちており、供給者であり、
万物の始まりに、あった。
一切を供給する善とわたしが言う時、
それは全体であり、永遠に善のことを指す。

本来何ものも不足していないので、
それの獲得を欲望して、悪しき者となることもなく、
諸有の何ひとつ彼にとって失われることもない。
これを失って悲しむこともない。

また、彼よりまさるものは何もないので、
その何かによって争いにおちることもない。
それゆえこれを恋することもなく、
聴従しないものは何もないので、これに怒ることもなく、
より知恵のあるものもおらず、張り合うこともない。



 さて、これらの何ひとつ基に帰属しないのであれば、
善以外に何が残されていようか。
 このような基の内に<他の>何ものもないように、
他の何ものの内にも善は見出されないであろう。
本来、他のものはすべて万物の内にある。
それは、小さきものらの内にも、大きなものらの内にも、
一つずつのものらの内にも、
万物よりも大きく、かつ最も力ある生き物そのものの内にも。

なぜなら、生み出されたものらは受動に満ち、
生成そのものが受動の虜だからである。
しかし、受動のあるところには、善は決してない。
善のあるところには、ひとつとして受動は決してない、
なぜなら、昼のあるところには、決して夜はなく、
夜のあるところには、決して昼はないからである。
ここからして、生成の内に善があることは不可能であって、
あるのは、ひとり不生のもののみの内である。

しかしながら、質料(物質)の内には
一切のものの分け前が与えられているように、
善にもまた分け前が与えられている。
この仕方で、世界は、みずからも万物を制作するという点で、
制作の役割において、善である。
しかし他のすべての場合には、世界は善ではない。
というのも、受動するものであり、
動くものであり、受動の制作者だからである。



 人間においては、善は悪と相関的に配列されている。
すなわち、極度に悪でないものは、この世では善であり、
この世の善は、悪の最小部分である。
したがって、この世では善を悪から浄化することは不可能である。
この世では善は悪に染まっているからである。
悪に染まれば、もはや善にとどまることはない。
とどまることができなければ、悪となるのである。
じっさい、善は全のみの内にあるか、
あるいは、善とは全そのものである。

こういう次第で、
人間の内には善という言葉のみがあるのであって、
その働きはどこにもない。
不可能だからである。
なぜなら、物質的(質料的)な身体は、
その働きを包容することができないからである。

悪、諸々の労苦、諸々の苦痛、
諸欲望、諸々の怒り、諸々の欺瞞、
無分別な諸々の思念によって、
どこもかしこも緊縛されているからである。

そしてあらゆるものの中で最大の悪は、
これら先に述べられたものの各々が、
この世の最大の善であると信じこまれていることである、
それ以上超えるようもない悪であるのに。
大食は、あらゆる悪の供給者であり、
迷いは、この世における善の不在である。

碧解

方法論

この世には、搾取という言葉があります。世界は分離されていて、搾取するものとされるもの、支配するものと支配されるもの。

このため、あらゆる物事はすでに決まっていて、私たちがどうすることもできない。世界を動かしているのは、一部の人々である。これを思想Aとします。

そして、これらの思想に疲れたものたちが新しい概念を作り出しました。

それは、WINWINの関係です。価値のある交換にお互いの喜びや愛の循環があり、富も循環する。これを思想Bとします。

しかしこれは、巧妙に仕組み化されたWINWINが存在する可能性があります。そうなると思想AとBは双子のような関係です。思想Aでも、満足したと思ったら富の循環が起こるわけです。「愛を交換する」というのは言葉になった時点で、意識との分離が起こるため、「愛」という名の、「打算」も存在します。双方が本当に何を考えているのかについて、お互いに全てを知ることは不可能なのです。それをわかりやすくまとめた言葉が、WINWINであると私は思います。

血液の循環時に、血液が、「細胞どの、私たちは、これからもWINWINの関係でお互いを高めあおうぞ」と言ったなら、たちまち細胞から「そんなことわかっとるわい。早く酸素をくれ」ということになるでしょう。私たちがWINWINをこれほどまでに思想化した背景には、それの対極にある搾取至上主義という過去の歴史から刷り込まれた集合意識があるわけです。

さて、まだうまく言語化できないのですが、この世界が今足を踏み入れていると思われる思想Cについて、少しお話しします。

自然界には、循環の原理が存在しています。

この循環のスパイラルに入れるエネルギーの中に、富はまだ入っていません。なぜなら、それは交換手段として人の意識が生み出したものだからです。

トートはこういいます。

「あなた方は、この考え方を知るとたちまち反論をするだろう。それはこれまでの概念を長年刷り込まれたあなた方のDNAに、そのプログラムがないからだ。しかし今後、富にエネルギーの変化が起こるだろう。それが成った場合に起こることがある。それは、噴水のように富が自分から放出するという現象。富は交換の手段ではなく、ただ溢れ出てくるもの。誰かを必要<介在>としない自然発生的な富。自ら生み出した意識は、その発生源から離れ、発生源と意識に別れる。その後、意識が発生源と交わることで、放出へと変わる。それはポジティブなエネルギーが物質へと現実化するという意味合いではない。言葉のまま理解できなくても良い。それが在ると信じよ」

解釈が難し過ぎて、ほったらかしにしています。

ですが、私はこの思想を頭ではなくどこか別の場所で「知っている」ような気がするのです。

新しい世界への渇望は、いつの世も必須の思考回路ですよね。

並行世界がもうすぐ明らかになることと、この思想Cが、リンクしているような気がしています。

言語化できたら、またどこかで書きます。

染井碧

<物語>創世記書き直し

■1.絶対叡智出現

ある時私の中で、「真の存在」についての省察が深まり、身体の諸感覚が停止したとき、途方もなく巨大な人物が現れ、私に「おまえは何を聞き、眺めたいのか。何を知解して学び、認識したいのか」と尋ねる。あなたは誰か、という私の問いに対してそれは、「私は絶対の叡知、すなわちジオールである」と答える。そして、「存在するものを学び、その本性を知解し、神を認識したい」という私の願望に対して、ジオールがそれに応じることを了承する。

■2.光と闇による世界生成

ジオールは姿を変え、私の前に「測り知れない眺め」を現出させる。最初に現れたのは光であり、すべては美しく、喜ばしかったが、やがて闇が垂れ下がり、それは次第に曲がりくねる<蛇>の姿を取る。闇は使者に変化し、混沌たる様を見せ、哀訴の叫びを発していた。するとそこへ、光から(到来した)精神が使者に乗り 、純粋な火が使者から上へと立ち昇った。空気はそれに続いて上昇し、火からぶら下がっているような形状を取る。その下で土と水は混じり合って、精神に従って動いていた。

■3.世界の原型についての教示

次にジオールは、私が目にした光景が何であったかを解説していく。ジオールによると、「あの光は私であり、お前の神なる叡知であり、闇から現れた神の使徒より以前にある者である。ジオールから出た、輝く精神は神の子である」とされ、「お前の内で見聞きしている者は主からの精神であって、他方、(お前の内に見ている)魂は父なる神である」と語られる。また、精神と魂の結合が「命」であるとされる。光が無数の力から成り、世界が無際限に広がり、火が甚だ強い力によって包まれ、力を受けつつ序列を保っているという、ダイナミックな世界生成の有様を見て驚愕している私に、ジオールは、「お前は(自分の)叡知の内に(世界の原型)を見たのだ」と告げる。また、使者の諸元素はどこから生じたのか」という私の問いに対して、ジオールは、「それは神の意志から」であり、「この意志が精神を受け、美なる世界(叡知的世界)を見てこれを模倣し、自分の元素と霊魂によって自ら(感覚的)世界となったのである」と答える。

■4.デミウルゴスによる世界創造

神なるヌース(至高神)は男女(両性具有)であり、命にして光であって、精神によってデミウルゴス(造物主)となるもう一人の精神を生み出した。デミウルゴスは火と霊気の神であり、彼は七人の支配者を造り出した。その支配は、運命と呼ばれている。神の精神は下降する元素から飛び出して、造物主なる魂と一つになった。そのために下降する元素から精神が失われ、質料は孤立することになった。造物主なる魂は精神と共に(世界の)円周を包み、これを永遠に回転させ続けることになる。そしてその回転運動は、下降する元素から精神を持たない生き物を生み出した。

■5.人間の創造と質料世界への転落

万物の父であり、命にして光なる魂は、自分に等しい「人間」を生み出し、これを自分の子として愛した。それは、彼は父の像を持っていて甚だ美しかったからであった。父は自分の似姿を愛し、自分の全被造物をこれに委ねた。そこで人間は造物主の創造を観察して自らも造物を願い、父もこれを許可した。そして人間は全権を得ようとして可視的世界の天球を訪れ、七人の支配者たちを観察するが、彼らは人間を愛し、自分に属するものを彼に分け与え始めたのだった。質料世界に対する全権を持つ人間は、星界と月界の界面を通して下を覗き込み、下降する使者に神の美しい似姿を見せた。使者は、水の中に人間の美しい映像を見てこれに微笑み、他方人間は、水の中に映った自分の姿を見てこれを愛し、そこに住みたいと思った。するとその思いは作用力を起こし、彼は物質世界に住み着いてしまった。そして使者はこれを全身で抱きしめて交わり、愛欲に陥ったのだった。この転落によって人間は、神的な性質(叡智)と質料的な性質(感情)という二重性を有することになったのである。

■6.性の分裂と交接の発生

人間と交わった使者は、人間が有していた七つの性質によって、直ちに七人の人間を生み出した。これらの人間は男女であり、その身体は、女性なる<土>と男性なる<水>、また、<火>からの成熟、<天空>からの息吹という、物質の四元素によって産出されたが、その形は人間のものに倣っていた。ところが、周期が満ちて万物の絆が神の意志によって解かれると、男女であった人間は分離され、一方は男に、他方は女になった。それらの人間に対して、神は次のような聖なる言葉を告げた。「もろもろの造られしもの、また被造物よ、殖えに殖え、満ち満ちよ。また、叡知を持てる者、自己の不死なることを、愛欲が死の原因たることを、しかして一切の存在せるものを再認識すべし」。神がこう言った後、摂理は、運命と組織(の性質)とを通じた交接と生誕を定めた。こうして、自己を認識する者は溢れるばかりの善に至り、愛欲の迷いから生じた身体を愛する者は、さまよいながら闇の内に留まることになったのだった。

■7.叡知を持たない者の運命

「神が光と命とからなることを学び、自らもこれらから成ることを学ぶなら、お前は再び命に帰るであろう」というジオールの教えに対して、私は「すべての人間が叡知を持ってはいないのですか」と問う。するとジオールは、諸感覚の働きを憎悪する言葉を述べた後で、「無理解な者、悪しき者、邪な者、妬む者、貪欲な者、人殺し、不敬虔な者から私は遠く離れており、懲罰のダイモーンに事を委ねている。この者が火の鋭さを増し加え、感覚を通じてその人を攻め、一層不法へと駆り立てる。そのために、人はより大きな罰を受け、欲情を抱くままに限りない欲望から休まることがなく、飽くこともなく闇の戦いを続ける」と答える。

■8.帰昇の道

さらに私は、「来るべき上への道について語って下さい」と願う。するとジオールは、質料的な身体が分解して不可視のものとなり、情熱と情欲は精神なき使者の中に帰るということを告げる。さらに、七人の惑星天の神々(支配者)から受けていた「作用力」は、帰昇の過程においてそれぞれの源へと返還されていく。それらの性質は、いかのようなものである。

第一の層──増減の作用
第二の層──悪のたくらみ、計略
第三の層──欲情の欺き
第四の層──支配の顕示
第五の層──不遜な勇気、敢えてする軽率
第六の層──富の悪しき衝動
第七の層──隠れ潜んだ虚偽

次に人間は、惑星天の作用力から脱し、第八天に至る。そこにいる「存在する者たち」は彼の到来を喜び、共に父を賛美する。するとそこで、第八天の上にいる諸力が甘美な声で神を賛美しているのを聞く。神への賛美を共にした後、彼らはさらに上昇し、それらの諸力に自らを引き渡して、神の内になる。再び神的なものとなることこそが、認識を有する人々の善き終局である、とされる。

■9.宣教と頌栄

ジオールは私に、ここで伝え聞いたことを人々に宣教することを勧める。そして私は、敬虔さと知識の美しさを、人々に宣べ伝え始める。「民よ、土から生まれた者どもよ、酔いと眠りと神に対する無知に自己を明け渡している者どもよ、目覚めるのだ。精神なき眠りに魅せられた、酩酊の様をやめるのだ」。それを聞いたある者はからかいながら去っていったが、ある者は教えを請い、不死の水によって養われた。私は自らの覚醒を感謝し、ジオールに感謝の念を言葉にして捧げた。

 

ポインマンドレースより