人間

人間は、基本的には頭が悪い。賢くはない。

これが真実だ。

私を論破したいと願う人はいろんなことを訳知り顔で言うが、そのほとんどは観念でしかない。

彼ら、彼女らに対する私の回答はこうだ。「本当に、そうなの?」

観念を真実だと顔を真っ赤にして大声を張り上げる人間には基本的に失笑だが、何も興味がないと現実世界に背を向け、宇宙のエネルギーだか魂の鼓動だか知らないけれど現実世界を全否定する精神世界の住人にも辟易する。

何か新しいことが実行されるたびに、私たちは難しいことはわからないと言う老人。

でも同じ歳の人間が、その難しいことを使いこなしている真実に目を向ければ、年齢は関係なく、好奇心が人間の生命力とつながっていることを知ることができる。

歳のせいにしている時点で、その人間は、歳の呪縛を断ち切ることはできない。

宇宙の法則を知らない幼子が1番幸福を知っている。

知識ばかり増えた人間が、こう言うのだ。

幸せとは何か?

と。

知識ばかり増やし、この世界の否定的な側面を取り上げ、私はこの世の真実を知っていると言う人間のことを恥ずかしい人間だと私は思う。ただ、これは私の観念であり、真実ではない。だからこの思考に反論する人は私の世界に勝手に足を踏み入れた人間ということである。

お前は間違っている。と言うのは勝手だが、その間違いを真実だと証明できる術を持っているのか? と私は聞く。

世界が変わった。

この世界は違うフェーズに突入した。

だからなんだ。

普通の人が、知らないことが秘密裏に起こっている?

だからなんだ。

この世界の情報や知識が、自分の幸せと直結しているなんて思わない方がいい。

この世界を牛耳っている「検索窓」は、私たちの知りたいを満たしてくれるかもしれないが、人の幸福の真実については何も知らないのだから。

探すな。

知っていることを思い出すことだ。

嘘をつかない。

2019.12.31

早いのか遅いのか、それは不明ですが、今年も終わりを告げようとしています。
年末年始、それはあくまでも誰かが決めた決め事による区切りですので、本来は私たち人間には何の影響力もないのですが、人は何かを区切ることでしか自分の肉体と精神を癒すことができないと思っているため、この世界の大多数の人にとってはそれでもいいのでしょうね。

今年年末のストーリーは。
タイトルの通りです。

私たちは基本的に、嘘つきです。
嘘はよくないと散々聞かされて育っている割には、自分の気持ち、自分の肉体、精神、魂(あるとすれば)、イーサ(あるとすれば)それぞれに多数の嘘を重ねています。

例を挙げていきましょう。

・嫌なのに、「嫌ではない」と言ってしまうこと。
・本心では怒っているのに、平和を装い笑顔を振舞うこと。
・全く望んでいないのに、環境を選んでいるように装う。
・食べなくてはならないという情報や、自分が得た健康情報によって、自らの肉体に取り入れる食物を選ぶ。
・痩せたいとは思っていないのに、言葉の絡繰で「痩せたい」とか「太った」と言う。

嘘をついてもつかなくても、人生は続いていきます。
なぜなら、私たちの中には、言葉では説明することのできない生命力があるからです。
神に祈りを捧げる人が多数いますし、神を信じない人もいるでしょう。

どちらにしてもアクセス方法が違うだけで、私たちは人間を遥かに超えた”それ”(存在なのか意識なのか)を目指しているのです。それだけはすべての人が嘘をつくことができないようになっています。

自分の中で作り上げた観念が、自分の人生を作っているように錯覚している人が多いですが、本当はそのようなものはどうでもいいのです。

自分とは合わない人を無理やりつなぎとめてしまう動機はなんでしょう。
何か文句を言われて言い返したいと思う動機はなんでしょう。

”本当に大切なのは自分であり、他人ではない”

と聞いてなんとなく冷たいなと思ってしまう、あなたのその感情の動きはどこから来たものでしょう。

神羅万象は嘘をつくことはありません。
人間は嘘つきです。
食べなくてもいいものばかり食べ、飲まなくてもいいものばかりを飲み、負の感情を吐き出し続け、生命力を削る日々。

”本当の自分”探しをする時間があるのでしたら、周りの人を大切にするよりも自分を大切にしていきましょう。

周りに冷たいと思われようと、無関係です。
周りの適当な発言や態度は、あなたの感情を動かすことはあっても、あなたの人生には責任を負いません。

あなたの人生に責任を負うのは、あなた自身です。


グリム童話「瓶のなかの精霊」より

昔々、ひとりの貧しい木樵がおりました。

彼にはひとり息子がおり、彼はこれを高等学校へやりたいと思いました。

けれども、持っているよう与えられたのはほんのわずかな金だったので、試験を受けるはるか前に尽きてしまいました。

そこで息子は家に帰って、森で父親の仕事の手伝いをしました。

あるとき、昼の休憩時間に、彼は森をぶらつき、鬱蒼とした古いオーク樹のところにやって来ました。

そこで彼は、地中から「出してくれ、出してくれ」という叫び声を耳にしました。

その樹の根の間を掘ると、しっかり封をしたガラス瓶を見つけましたが、声は明らかにそこから出ているのでした。

彼が開けると、いきなり精霊が跳び出し、たちまち樹の半分の大きさになりました。

精霊は恐ろしい声で叫びました。

「わしは罰を受け、仕返しさせるだろう!われこそは偉大で強力な精霊-メルクリウスだ。今おまえに褒美をくれてやろう。わしを解放してくれたやつは、誰であれ絞め殺さねばならん」。

このことが少年を不安にさせ、すぐに策を思いつき、彼は言いました、「先ず、この小さな瓶の中に閉じこめられていた精霊と同じだということを確かめなくっちゃ」。

そのことを証明するために、精霊は再び瓶のなかにもぐりこみました。

そこで少年は急いでこれに封をし、再び精霊は閉じこめられました。

しかし今度は、少年が自分を出してくれたら、褒美に彼を金持ちにしてやるると約束しました。

そこで彼が出してやると、小さな襤褸切れをお礼にもらいました。

精霊が言いました、「これの一端を傷口の上に広げると、それは治り、もう一端で鋼や鉄をこすると、それは銀になるだろう」。

そこで少年が自分の壊れた斧をその襤褸切れでこすると、斧は銀に変わり、これを400ターレルで売ることができました。

こうして父と息子は、あらゆる心配事から解放されました。

若者は自分の勉強にもどることができ、後には、襤褸切れのおかげで有名な医者になったとさ。