2018年振り返り

2018年もあと数日で終わりとなります。
一年を振り返ると、「いろいろなことが起こった」と毎年自分自身で体感するのですが、今年は例年になく本当にいろいろなことが起こった一年でした。

一番の気づきは、エネルギー値です。

人はどうしても自分の感情(脳)と体と精神を一緒に考えてしまいがちですが、感情では断ち切ることが難しい出来事も、エネルギー値という側面で考えると、自分に最適なものを選択することができるような気がします。

選択自体は何も間違っていないのですが、その選択をして後悔するのが脳。

自分に正直にと自分に言い聞かせながら、その正直になるべき自分がそもそも正直ではない場合もあります。

思考や、体の中の各細胞、そして食べ物から言葉に到るまで。

全てに存在するものがエネルギーです。

古代ギリシャでは、エーテルとか、イーサと呼ばれていました。

全てに普遍的に存在するもの。

それが知りたくて、いろいろなものを学んでいたのですが、「それ」が最初から無くて、無いと言うより、満ちているため固定されないものだと気が付いたとき、感情では無い部分で選択ができるようになりました。

自我は自我のまま、鎮座しており、活動をしますが、それを包む「あわ」が何層にも重なっています。それは魂とも言われますが、それは外面にも中の核にもなく、ただ、全体に満ちているものです。愛でもあり、魂でもあり、エネルギーでもある。

そのようなことに気がつきました。

さて、2019年。

どうなるのでしょうか。
現実的なエネルギーは大きく変わる。
いろいろなところで言われています。
変わっても変わらなくても大丈夫。

なぜなら、変わり続けるものがこの世界だから。

来年は、ビールを使ったメソッドの公開と
自著の小説を書籍化することと、映画化へ売り込み。
アーティストとしての一年になりそうです。

2018.12.27
染井碧

Share This: