多様性と統一性

エジプト哲学を研究して行く中で、エジプトの古文から読み取れることがあります。

それは、1つの精神とも言えます。

「多様性の中にある統一性と、統一性の中にある多様性」

です。

私たちは、統一というものを目指して、皆が1つの目標のもとに集い協力し一致団結して物事を進めて行きます。

とても崇高な想いである事に疑う余地はありません。

しかしながら、物事を推し進める中で皆が1つの指標の元に5段階に分類され、富と人間性という二元性の中で生きなければならないという強迫観念にも似た集合意識が生み出されました。

時代は巡ります。

私たちは本来、人間の持つ多様性とその中にある統一性を見いだすことができます。時代はゆっくりと、「多様性の中にある統一性を認める」生き方にシフトしているのではないでしょうか。

多様性こそが「豊かさ」であり、多様性が新しいイノベーションを巻き起こす。私はそう考えます。

周りを見渡してください。

社会では、たくさんの意見を求めていながら、それは前もって、ある程度の人たちのなかで決定されている。このようなケースが多く観られます。

それでいて「私たちはたくさんの意見を吸い上げる」と声高に叫ばれても私には滑稽に映るのです。

誰かより優れていることがそんなに快感なのでしょうか。

他の誰よりも何かを知っているということは「真」の意味で優劣の判断材料となるのでしょうか。

「知らない」でいいのではないでしょうか。

「無知」を蔑むことで「有識」の価値が上がるのでしょうか。

全てに浸透している、「生きるエネルギー」

それは肉体と心の両面に存在しています。

三次元も五次元も同次元です。

物質主義・精神主義は「主義」という「統一体」の2つの側面です。

よく船の例えで、船長は行く方向を決める。皆が行く方向を決めていては目的地に進まない。役割分担が必要だと言われます。しかし、本当の意味でそれはリーダーシップを表現しているでしょうか。

フラット化する社会と言われ、しばらくたちますが、社会はまだ明確なリーダーを求めているように感じます。

真の意味での多様化する社会。それは統一性と多様性が同時に存在していて双方のアプローチで成り立つものであると信じています。

個々の能力が集まることの力強さ。全体は個々の集合であることの再認識。

その、個々が多様性を発揮する。

抽象的な表現ですが、この思想はテクノロジー業界では徐々に浸透しているように思います。

ある本を読んでいて、すごく素敵な表現を見つけました。

時代は、懐かしい未来へ進んでいる

過去に戻ることは出来ません。しかしながら、私たちのDNAに刻まれた記憶はどこか懐かしくそれでいて新しい時代を求めていて、今、それが全体無意識として刻を進めているように感じます。

Share This: