thoth-0218

現実化について。

そもそも、思考は現実化しない。

これまでもこれからもそれはずっとそうだ。

なぜなら、思考自体が幻であるのに、その幻がどのように物質化するのか。

あなたがたは、心に願望を抱くが、その願望はなぜ生まれたのか。

誰かのために何かをするとき、あなたはどのように考えるのか。

もし、私が伝えた周波数と振動数が、物事の現実化、引き寄せの法則に応用されているとしたら、それは、まやかしであり、真実ではない。

確かに、全ては振動数と周波数で説明がつく。
しかし、それを私たちの望む現実への橋渡しとして使うことは、許されない。

人の欲望について、自然の原理が寄り添うことはない。

自然に人(意識)が寄り添いなさい。

自然の法則についてもっと人の思考が理解する必要がある。

もし、あなたがこのような問いを発するなら
「どのようにしたら思考が現実化しますか?」と。

その答えは、一つ「世界をその目で見る以上のものとして捉え、その本質を見よ」

光とは、愛と知識である。

あなたは、何も発さず、進みゆく現実を眺めることを思い出す必要がある。

ただ、受け取ることのみに、集中しなさい。

与えると受け取るを分けて考えてはならない。

あなたはこれまで与えたことはない。

あなたは受け取ることしかできない。

与えるという概念は、人が神を超えたときに初めて到達できる概念である。
人は与えることはできない。

全ては、<自然から>与えられている。<自然に>与えられている。

 

Share This: