タブレット(ほぼ備忘録)

エジプト初期王朝時代、ギリシャ神話のヘレニズム神とエジプト神話のトート神が融合し、神秘主義的な古代思想が生まれ、その威光を継ぐ人物として、錬金術師のヘルメスが神格化され、

ヘルメス・トリスメギストス

と称されるようになった。

「トリスメギストス」とは、3つを合わせたもの、という意味になるため、3倍偉大なヘルメスと訳される。

ヘルメス主義とは、「ヘルメス文書」に基づく、哲学的、宗教的思想の総称である。占星術、錬金術、神智学、自然哲学を含み、神秘学とも呼ばれる。

※トート神は、頭が鳥。時を司る神。

ここまで読んで、ちょっとやばい方向に行っていると感じた方。

正解。

最近はもう頭の中はエジプトでいっぱい。

エジプト、ギリシャ、ローマ、なぜかわからずに言い続けていた、その答えがゆっくりと落ち着いている感じ。

そして、エメラルドタブレットの錬金術。

トート神の伝説について書かれた本。

止まっていた好奇心の歯車が動き出している。

Share This: