心・身体・人間の全部

心が全てを決めているのは確かでしょう。

全ての現実は、自分が選択して決断したことなのですから。

しかし、意識が整っていれば身体を無視していい訳ではありません。

最近の風潮は、宇宙を信じなければ何もうまくいかないと感じます。もし本当に宇宙の力で全てが整うとしたら、それを知らない人々は苦しみながらこの世界を生きていかなくてはならないのでしょうか?

何かを知らなければ幸せになれない世界だとしたら、文明人は全て幸せになっており、文明が発展していないところは不幸のままということになりはしないでしょうか。

幸せになるために必要な何か。それは、教えてもらう必要はなく、もともと生まれた時から備わっていると思うわけです。それなのに、これを知らなければ幸せになれないとか、今幸せではないのは、こうなっていないからだというのは、大きな枠でいうと宗教と同じなのです。

幸せというのはそういうことではない。月が半分だったとしても、宇宙が新たなステージに入ったとしても、それが直接人の幸せに関係しているはずがありません。

太陽が東から昇り、西に沈むというのも、その本当の意味を私たちは知っているわけではありませんし、知ったところで何も変わらないはずです。

それなのに、なぜ最近は、なんとかステージに入りました。とか、新しい周期に入りましたということをまるで私たちの人生に直接関係しているような書き方が多いのでしょう。

今日は雨ですね。というくらいの自然現象を神秘のことにして、私たちが生きているこの現実世界を放棄していいはずがありません。

現実世界でうまくいっていない理由を探し求めても、それを解決することが私たちの幸せに直接関係するはずがありません。

私たちは今、心から一旦離れ、体に戻る必要があると思うのです。

うまくいかない理由を知りたいのなら、今自分が行なっていること、今自分が考えていることをしっかりと目の前に並べて、改善をしなければなりません。

そして、その先に得たい未来があるはずです。目の前の嫌なことを嫌だと感じて投げ出したら、それで終わり。越えるべきことはこれからもたくさん出てくるでしょう。しかしそれは全ては私たちが生きているから感じることのできる素晴らしい出来事のはずです。

何もかもが繋がっている。これは本当だと思います。宇宙が大きな意図を持って流れを作っているのかもしれません。しかし、私たちは生きる生命体です。生きる生命体の連鎖の中で私たちは生まれ、死んでいく。

前世も来世も存在していますが、カルマや来世で私たちの今が脅かされることがあっていいのでしょうか?私たちは、今生きているこの世界で呼吸しています。

私たちが呼吸を止めてしまったら、意識も心も全てが停止してしまうのです。

生きているということはそれほどまでに神秘的なことだと思います。

ここまで飽和した精神世界は、瓦解したほうがいい。そしてもう一度体に戻って欲しい。

ここまで文明が発展した私たちは、体の仕組みを活用するという意味では、世界中で未だに文明が発展していない民族に負けていると思います。