好きと嫌いを超える

染井碧です。

さて本日は、好きと嫌いを超えることについての物語です。

私には叡という名の双子の兄がおります。

彼は、自らを未来から来たと常に申しております。

ある時にした会話をここに記載します。

ある時私が、未来の事を教えてくれないかと冗談半分、本気半分で言ったときのことです。

2人は、海沿いの丘の上にある喫茶店にいました。

彼は不思議な笑顔で、未来って分かり易いから使ってるけど、本当は未来は無いんだよね。と答えました。

ならば、過去は?と聞くと過去もないよ。と。

そこで、私は聞きます。今が全て決めているって事?

すると彼は、「そういう、どこかで仕入れた事を本気で信じたらダメだよ」と、顔を少し角度つけて空を見上げながら言いました。

「情報や知識の仕組みを応用したのが地球上のビジネスの始まりだからね。本質は何かとか、本当はとか、地球人好きだよね。でも、全て造られたものや、事だから、今に生きるとか、自分がしている事を好きになるとか、そんな情報は商品だと思わなきゃね。あらゆる商品の中で、何を買うかということなんだよね」

彼はこれらの話をするとき、ガラスのコップに刺さっているストローの先をつまみ、くるくると回します。

私は、このような話は昔から好きだったので、もっと聞かせてと兄に頼みました。

 兄はストローをつまんでいる手を止めて、頷きました。

「未来というか、2767年というパラレルワールドでは、好きと嫌いという言葉が無くてね」

今は2017年ですが、兄は2767年を知っているというのです。ちなみに染井家は、750年前に開祖がいると兄は言います。地球上の人が言う、時の流れで言うと、と付け加えて。

好きと嫌いが無かったら、何があるの?と私は聞きます。

「何もないよ。何もないと言うか、全てがあるから、分ける必要がないんだ。難しいよね。でも、この感覚を今の地球人が知ってしまうとね、全てが崩壊するから、絶対に分からないように、混乱するプログラムが組み込まれてる。混乱させながら、幸せになるには、この混乱の先に行かなくてはいけないと思わせる。これが、はじめに造られたモデル。全てはこのモデルの上に成り立ってる」

いつ、切り替わるの?と、私。

「切り替わらない。2767年は、ここにあるから」

続く。