太陽と月とパラレル

染井碧です。

月は太陽の光を受け、その光を観る人の心に降らす。

時に怪しく、時に優しく、時に愛おしさを携え、時に力強く。

本日は男女の物語です。

男性はエネルギーを自ら作り出しアウトプットしますね。女性は入力と出力がバランスよく整っています。

冒頭の太陽を「男性」に、月を「女性」に当てはめてみてください。

女性は恋をすると綺麗になるらしいのですが、それは比喩表現で言うと、常に光を反射するからではないかと思うのです。

ここで、マルチストーリーを一つ。

どんな時も自分の周りに不幸を創造する人がいました。その人は、まるで自分が幸せになることを大きな力で阻止しているような。そんな印象を受けました。自分が幸せになることで嫉妬されることを極度に恐れており、そのためか、他の人というバランスを図る対象がいないと、自分を保つことができません。

自分は、他の人と同じように悩み、明日へほんの少し希望を持ちながら、悲しい過去を抱えて生きている。そして、他の人と同じように、毎日は、悲しいこととうれしいことのブレンドで成り立っている。

だから、自分だけ特別幸せになることなんて想像ができません。さらには、他の人と話をして、「○○だよね」という共感を得ることが楽しいのです。

さてこの方の世界をパラレル化しますと、どうなるか。

どんな時も自分の周りに幸福を創造する人がいました。その人は、まるで自分が幸せになることを知っているような、そんな印象を受けました。自分が幸せになることで、他の人を幸せにすることができる。そのためか、他の人の存在に感謝し、相手がどんな人であっても、自分を保つことができる。

自分は、他の人の影響を受けずに、悩みを瞬時に気持ちの切り替えでパスし、明日以降の未来に根拠のない自信を持ち、過去は過ぎ去ったもので、思い出すことはないと信じて生きている。そして、自分の中から、悲しみや喜びが生まれ出ると知っている。

だから、自分だけ幸せになるという感覚をベースに、連動で自分の幸せと周りの幸せを同時に感じることができる。さらには、他の人と話をして、「未来はこうなる」と断言できることが楽しいのです。

地球という星から見た、月は形を常に変えます。

雲がかかっていても、太陽は常にあります。

男性という光を受けて様々な形を変えることができるのは女性のみ。

男性は、単なる光源です。

染井碧

Share This: