空間圧縮

みなさま、こんばんは。染井碧です。

タイトルが奇妙すぎて、勘の良い方はお分かりかと思いますが、その通りです。先日、不思議な現象を体験したのでお話させていただきます。

先日とある場所で、お話をしていた際に、空間が一瞬だけ収縮した感覚を覚えました。この世界はエネルギーだよ。という言葉だけは体感しないと信じないと思っていた私の前に、現れた現象。

言葉にするとしたら、エネルギーが圧縮されあまりにも高エネルギーになったのでゆがんだ。そんな表現でしょうか。

空間圧縮(表現上こういう言い方をします)の瞬間、視界がどんどんとオレンジ色になり、めまいが起こり、次にあたりを見渡した時、その場所にいる人がオレンジ色の服を着ていたり、オレンジ色の傘を持っていたり、アクセサリーがオレンジ色のものを持っていたり。

そんな馬鹿なと思ったみなさま。一番その言葉を感じていたのが私ですので、大丈夫です。その感覚は正常のはずです。

なんか不思議な世界になってきていると感じている方。

そして、このブログを継続で見て頂いている方は、このような話が大丈夫であるという前提で、続けますね。

この世界は、2017年4月1日から、大きく変わるそうです。私は正直に申しますと、その話を聞いたことがなかったのですが、学生の時に見た夢で、34歳~35歳に変わるタイミングで、ステージが変わると伝えられたので、その日付と同じだったので驚いている。そういう感覚です。

この世界のテクノロジーの進歩は、コードの接続(物理的繋がり)から、空間に変わってきていると思うんですね。

昔は、インターネットもコードで接続されていましたが、今では無線になっていますね。切符も通さなくてはならなかったのですが、今ではタッチ(非接触)で情報交換が可能になりました。スマートフォンに接続する、イヤフォンも無線になりました。最後に残っている電源供給も無線になってくるはずです。

人と人の繋がりも、もともとは空間を使っていたはずなのですが、私たちはいつの頃か、言葉で伝えることを覚え、自分の感覚より言葉が重宝されるようになりました。

それらを考えますと、今後、この世界が変わるとしたら、テクノロジーではなく、人間の部分だと感じるわけです。

誰かと誰かが知りあう。出会った人々が、遠隔で感覚を共有、共鳴する。

そうです。テレパシーです。

これが夢物語ではなくなるポイントは、今の世界ですとやはり科学なのですが。その科学による証明も起こるでしょうね。

そして、かざすとか、マッサージとかを超えて、空間エネルギーをコントロールして、癒す人たちが出てくるのも時間の問題であるような気がしています。

そんな不思議な世界へ突入するのでしょうか。4月1日は、今週の土曜日。

そして本日は新月。

どうなるのでしょうか。非常に楽しみです。

染井碧