かがみの前に立つと

こんばんは。染井碧です。

私たちは、理解しないとダメな生物ですね。
理解できない状況では、どんなにすばらしい言葉だと分かっていてもなんとなくひっかかっていますよね。

私も、ずいぶんとたくさんの書物を読みましたので、頭の中にたくさんの言葉たちが埋められていきました。そして、その埋められた言葉が、私の人生を照らしてくれると信じておりました。理解しよう、理解したい。この世界の答えを教えてください。とね。

しかし、本当はまったく逆だったのです。
このように申しますと、勉強しなくてもいいとか書物など頼ってはいけないと思ってしまわれがちですが、そういうことでもありません。理解しなくてもいいですということです。

これ、言語化がとても難しいのですが、お伝えしますね。

理解しなくても、真実として存在していることを二つ。

①この世界は、自分の内面が現実化している。

②この世界は、必要なものがすべて、最適なタイミングで与えられている。

知識とは、私たちが言葉を覚えてから得ることができるものですので、後天的です。どのように学ぶのかはここでは含みません。私たちが言葉を知れば知るほど、賢くなっているのは確かです。でもそれは一定の条件が満たされた場合の賢さであると思われませんか?そして、同時に何かを忘れているような気がするのです。

そして、言葉を知らなくても、表現できるのが、感情ですね。
これは、いろいろな書物にて語られていることですので、割愛します。
いい気持ちになれば、引き寄せる。というフレーズ見たことありませんか?

これは、間違いだと私は個人的に思っています。個人の価値観ですので、気分を害されたらすみません。。。
私が、心穏やかになったのは、前述の②つを心の底から信じようと決意してからでした。

どんな本を読んでも、誰に会っても、勉強会に出ても、釈然としなかったこと。

理解できないというか、理解したくないと言った方がいいのか・・・。それがこちらです。もう一度言いますね。

==
この世界は

自分の内面が

現実化している
==

 

これは信じられないとか、理解できないというレベルを超えて、本当です。

アドラーという方は、そこにメリットという言葉を付け加えて、嫌な状況でも、そこに本当に自分が求めていることがあるからその位置にとどまっているというニュアンスのことを伝えていましたが、それは理解してほしいからではないかなと思います。

①だけを放つと、絶対に理解されないことを知っているから。

鏡の前にたって、ピースサインを作ってください。

鏡の前の存在は、どうなるでしょう。

言語化は難しいので、ここまでの言葉でイメージしてみてください。

 

さて、①が辛い(本当は辛くはありませんが)真実だとしたら、 ②の真実は希望です。

暗いからスイッチを入れて部屋を明るくする。くらいの日常の一コマレベルで考えてみてください。

ゆっくりと噛み締めて、味わってください。

==
この世界は

必要なものがすべて

最適なタイミングで

与えられる
==

 

理解できなくて、脳が拒絶したとしても、大丈夫です。

本当は、①も②も、あなたは知っているはずですから。

染井碧

Share This: